取扱作家

artist

上村 松篁 | Shōkō Uemura

上村 松篁(うえむら しょうこう、1902年(明治35年)11月4日-2001年(平成13年)3月11日)は日本画家。
幼名は信太郎。母は近代美人画の大家、上村松園。父は松園の師の日本画家鈴木松年ともされるが、未婚であった松園は多くを語らなかった。息子も同じく日本画家の上村淳之である。(出典:Wikipedia)


「略歴]
1902年 京都市中京区四条御幸町西入ルに生まれる
     母は閨秀画家上村松園 母は閨秀画家上村松園
1921年 京都市立美術工芸学校絵画科卒業
     京都市立絵画専門学校に入学
     同時に西山翠嶂に師事、画塾青甲社に入塾
     第3回帝展に「閑庭迎秋」を初出品、初入選。
1924年 京都市立絵画専門学校卒業、研究科に進む。
1928年 第9回帝展に「蓮池群鴛図」を出品、特選となる。
1930年 京都市立絵画専門学校研究科を修了する。
1933年 帝展推薦となり、無鑑査となる。
1948年 日本画の在野団体、創造美術を結成する。
1949年 京都市立美術専門学校の教授となる。
1959年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1972年 京都市の文化功労者として顕彰される。
1973年 京都府より美術工芸功労者顕彰。勲三等端宝章を受章。
1974年 新制作協会日本画部は新制作協会を離脱、新たに創画会を結成する。
1981年 日本芸術院会員となる。
1983年 文化功労者として顕彰される。
1984年 京都市名誉市民となる。文化勲章を受章する。
1994年 上村松園・松篁・淳之の作品を収蔵する松柏美術館が奈良市に開館
2001年 心不全のため逝去。享年98。

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。