取扱作家

artist

伊東 深水 | Shinsui Ito

伊東 深水(いとう しんすい、1898年(明治31年)2月4日 - 1972年(昭和47年)5月8日)は、大正・昭和期の浮世絵師、日本画家、版画家。本名、一(はじめ)。実娘は女優・タレント・歌手の朝丘雪路。
歌川派浮世絵の正統を継いでおり、日本画独特のやわらかな表現による美人画が有名。人気の「美人画」以外の画題を描きたくとも、それ以外の注文が来ず、画家として困惑する時期もあったという。本妻の好子をモデルに大作を数多く発表し、評価を高めた。戦後は美人画とも並行し、個人的に独自の題材で日本画を制作することが多かった。人気のあまり、戦後には多くの作品が複製版画として頒布されるようになった。(出典:Wikipedia)


[略歴]
1898年 東京府東京市深川区深川西森下町 (現在の東京都江東区森下一丁目)に生まれる。
1905年 深川尋常小学校(現在の江東区立深川小学校)に入学。
     母は閨秀画家上村松園 同級生に伊東の友人となった関根正二がいた。
1907年 小学校3年で中退、以後は看板屋に奉公し住み込みで働く。
1908年 職工となり深川区深川東大工町(現在の江東区白河四丁目)の東京印刷株式会社の活字工になる。
     母は閨秀画家上村松園 日本画家の中山秋湖に日本画を習う。
1911年 縁あって鏑木清方へ入門。「深水」の号を与えられ、 夜間学校で苦学しながらも精進する、このとき14歳。
1912年 第12回巽画会展に『のどか』が初入選。
1913年 巽画会1等褒状。
1914年 再興第1回院展に『桟敷の女』が入選、東京印刷を退社する。
1915年 第9回文展に『十六の女』が初入選。
1916年 渡辺版画店から第1作『対鏡』を発表、伝統的技法による新版画運動に参加、東京日日新聞などに挿絵を描く。
1919年 好子と結婚し長男と次男をもうける。
1922年 平和記念東京博覧会で『指』が2等銀牌。
1927年 大井町に深水画塾を設立。
1932年 人物画の再興を目指し「青々会」を設立。
1935年 料亭「勝田」の女将であった勝田麻起子との間に雪会(後の朝丘雪路)をもうけた。
1943年 召集され海軍報道班員として南方諸島へ派遣、外地で4000枚ものスケッチをする。
1945年 長野県小諸市に疎開する。
1948年 『鏡』で第4回日本芸術院賞受賞
1949年 鎌倉に転居
1950年 白鳥映雪、児玉希望、奥田元宋、佐藤太清等と日月社を結成、後進の育成にあたる。
1958年 日本芸術院会員に推挙
1972年 癌により5月8日没、享年74歳。

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。