取扱作家

artist

宮本 三郎 | Saburō Miyamoto

宮本 三郎(みやもと さぶろう、1905年5月23日 - 1974年10月13日)は石川県能美郡末佐美村(現・小松市)生まれの洋画家である。

油絵の他に雑誌の挿絵、新聞小説の挿絵も多く手がけ、戦時中は「山下、パーシバル両司令官会見図」など戦争画も手がける。国立霞ヶ丘陸上競技場の壁画や切手の原画などで知られ晩年には木版画の作品も手がけている。
娘・美音子の夫は英文学者の宮本陽吉。(出典:Wikipedia)


[略歴]
1905年 石川県生まれ
1922年 上京、川端画学校で富永勝重、藤島武二に師事
1927-44年 二科展に出品
1933年 東京朝日新聞連載小説「三家庭」(菊池寛)の挿絵担当
1936年 二科会会員に推挙
1938-39年  滞仏、戦時中は卓抜な描写力をもって戦時記録画を手がけた。
1942年 戦争記録画制作のため、藤田嗣治、小磯良平らとともにマレー半島、 タイ、シンガポールなどに渡る。
     「山下、パーシバル両司令官会見図」を完成させる。
1943年 帝国芸術院賞受賞
1944年 朝日文化賞受賞
1947年 旧二科会会員の仲間9名で二紀会を結成(没まで出品)
1948年 金沢美術工芸専門学校教授に就任
1952-53年 渡欧
1953年 多摩美術大学教授に就任
1958年 日本美術家連盟理事長に就任
1966年 日本芸術院会員に推挙
1967年 二紀会は社団法人となり初代理事長に就任
1971年 国立西洋美術館評議会評議員に就任
1973年 文化庁芸術専門調査会委員に就任
1974年 逝去(69歳)

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。