取扱作家

artist

川合 玉堂 | Gyokudō Kawai

川合 玉堂(かわい ぎょくどう、本名:川合 芳三郎(かわい よしさぶろう)、1873年(明治6年)11月24日 - 1957年(昭和32年)6月30日)は、日本の明治から昭和にかけて活躍した日本画家。

[来歴・人物]
愛知県葉栗郡外割田村(現在の一宮市木曽川町)に、筆墨紙商の長男として生まれる。12歳頃より絵に親しみ、京都にてはじめ望月玉泉門下、後に幸野楳嶺門下で円山・四条派を学ぶ。「玉堂」と号するのは1890年(明治23年)、17歳のとき。この際「春渓群猿図」「秋渓群鹿図」は第3回内国勧業博覧会に入選している。

1896年(明治29年)、23歳のとき上京し橋本雅邦に師事する。岡倉覚三(天心)、雅邦、横山大観らの創立した日本美術院には1898年(明治31年)当初より参加。1900年(明治33年)頃からは私塾「長流画塾」を主宰、1907年(明治40年)には第1回文部省美術展覧会(文展)審査員に任命され、また1915年(大正4年)からは東京美術学校日本画科教授、1917年(大正6年)には帝室技芸員に任じられ日本画壇の中心的存在の一人となる。1931年(昭和6年)にフランス政府からレジオンドヌール勲章、1933年(昭和8年)にはドイツ政府から赤十字第一等名誉章を贈られ、1940年(昭和15年)には文化勲章を受章した。

第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)に、かねてより頻繁に写生に訪れていた東京都西多摩郡三田村御岳(現・青梅市)に疎開、住居を「偶庵」、画室を「随軒」と称した。戦後も同地の自然を愛する玉堂はそのまま定住、その地で1957年(昭和32年)に死去した。贈勲一等旭日大綬章(没時叙勲)。神奈川県横浜市金沢区には1917年(大正6年)頃に建設した別邸「二松庵」があり、横浜市指定の有形文化財として月1回の一般公開もなされていたが、2013年(平成25年)10月16日に発生した火災により全焼してしまった。

日本の四季の山河と、そこで生きる人間や動物の姿を美しい墨線と彩色で描くことを得意とした。

玉堂のもとには長野草風、池田輝方、池田蕉園、松本姿水、山内多門ら多くの門人がいた。(出典:Wikipedia)


「略歴]
1873年 11月24日、愛知県葉栗郡外割田村に、父・川合勘七、
     母・かな女の長男として生まれる。本名・芳三郎。
1887年 岐阜県尋常高等小学校を卒業。
     青木泉橋の紹介状をもって京都・望月玉泉の門に入り、「玉舟」の号を与えられる。
1890年 勧業博覧会出品にあたり、玉泉の玉と外祖父・
     竹堂の堂をとって「玉堂」と改める。
1896年 上京、橋本雅邦の門に入る。
1898年 日本美術院創立。師に従ってこれに加わる。
1915年 東京美術学校教授を拝命。
1919年 帝国美術院会員となる。
1924年 玉堂、小堀鞆音、下村観山、山元春挙、竹内栖鳳、横山大観、 6人の淡交会生まれる。
1931年 フランス、レジョン・ドヌール勲章を拝受。
     イタリアの皇帝よりグランオフイシェー・クーロンヌ勲章を拝受。
1933年 ドイツ政府より赤十字第一等名誉章をおくられる。
1935年 帝国美術院会員に任命せられる。
     勲三等瑞宝章を賜わる。
1940年  11月 紀元2600年式典当日、文化勲章を受章。
1944年 東京都下西多摩郡三田村町御岳に疎開、更に古里村白丸に転ずる。
1945年 牛込若宮町の住宅戦災にあい焼失。三田村御岳に移り「偶庵」と称する。
1957年 心臓喘息病をおこし、青梅の自宅にて療養。
     6月30日午後零時40分急逝。

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。