取扱作家

artist

林 武 | Takeshi Hayashi

林 武(はやし たけし、1896年(明治29年)12月10日 - 1975年(昭和50年)6月23日)は、東京都出身の日本の洋画家。本名は武臣(たけおみ)といった。大正末期から洋画家として活動を始め戦後には原色を多用し絵具を盛り上げた手法で女性や花、風景などを描き人気を得た。晩年には国語問題審議会の会長も務めている。なお、孫に元衆議院議員の林潤がいる。

[作風]
武の絵画には岸田劉生、セザンヌ、モディリアーニ、ピカソ、マティス、ビュッフェなどの影響を見てとることができる。初期の作品は絵具を薄く塗る傾向が強かったが、戦後になってからは絵具を盛り上げて原色を多用するようになった。サインは「Takeshi・H」もしくは「Take・H」と記すことが多い。武が戦後に獲得した絢爛豪華な作風は多くのファン層を取りこみ、おりしも1950年代から60年代にかけて起こった投機的絵画ブームにも乗り、一時期は号あたり20万円という高値で取引されるようにもなった。武が晩年に多く描いた薔薇や富士山の絵画は今もって市場では人気が高いが、一方で武の代表作とみなされる「梳る女」(1949年)や「静物」(1948年)などが描かれた1940年代から50年代にかけての時期が武の黄金期であったとする見方も多い。(出典:Wikipedia)


[略歴]
1896年 12月10日、東京都麹町区に生まれる
1909年 牛込区余丁町小学校を卒業(東郷青児が同級生)
1920年 日本美術学校入学 翌年中退
1921年 第8回二科展にて初入選 樗牛賞
1923年 萬鉄五郎を中心とする円鳥会に加わる
1926年 協会会員となり佐伯祐三、里見勝蔵らと活動する
1930年 二科会を脱退 独立美術協会を創立する
1934年 渡欧
     パリ、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツ、スペインを訪れる
1940年 皇紀2600年奉祝美術展覧会に『肖像』を出品
1948年 坂上星女をモデルにした連作を描き始める
1949年 第1回毎日美術賞受賞
1952年 東京芸術大学美術学部教授に就任
1956年 『伏目の女』で現代日本美術展大衆賞受賞
1960年 渡仏
1962年 舞妓をモデルにした連作を描く
1963年 東京芸術大学教授を定年退職
1964年 富士山を描き始める
1966年 第37回朝日賞受賞 
1967年 文化勲章受章
1975年 6月23日、逝去 享年81歳
     没後、従三位叙勲

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。