取扱作家

artist

山田 りえ | Rie Yamada

深紅の薔薇をはじめ、椿、クレマチスなど季節の草花をとらえた作品には、自然界で育まれる生命力が宿り、小さな静物や裸婦像のモチーフにも宇宙的な神秘を内包するかのような広がりを感じさせる。
※下記の掲載作品は ご売約になった作品も含まれている場合がございます。

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。

山田 りえ 略歴

山田 りえ 略歴
1961   京都市に生まれる
1983   多摩美術大学絵画科日本画専攻卒(加山又造教室)
1985   春季創画展 (日本橋髙島屋)
1989   個展(ギャラリー和知` 94/`95)
1990   個展(大八木画廊`91/`93)
1995   「亜細亜の新しい跳躍展」(韓国ソウル・シェラトンウォーカーヒル美術館)
1995   個展(タケダエキジビットハウス`96/`97)、(画廊たくら`99)
1996   個展(柏木画廊)「ラ・プリマヴェーラ展」(アトリエスズキ`97)
1997   フェスティバル・アーツ&ムジーク(フランス・ミヨー市美術館)
1998   個展(銀座 柴田悦子画廊 以後毎年)「三青会展」(横浜三越 `99/`00)
1999   チャリティー「愛の絵はがき」(社会福祉法人・日本肢体不自由児協会)
2000   「10人の[日本画]展」(茅ヶ崎市美術館) 「第10回花の美術大賞展」(兵庫県 加西市)
2001   「Vivle-日常の煌めきから展」(香染美術)以後不定期、個展(光画廊)
2002   個展 (京橋・林田画廊`05,`07,`09・安曇野アザレアギャラリー)
2003   平和へのメッセージ展(佐藤美術館) 越畑喜代美・山田りえ二人展(池袋東武)
      個展( 鶴見画廊`00`12) 
2004   京都絵画まつり(みやこメッセ)、樋口一葉千代紙原画(高橋工房)
      日本画の100展 (京都 )
2005   菅楯彦大賞展(鳥取倉吉博物館) 「八重彩展」(西邑画廊)
      林信夫・山田りえ二人展(藤沢さいか屋`07`10`12)
2006   四季 花めぐり 日本画展(大沼山形)
2007   個展(上野松坂屋) 漣の会(藤沢さいか屋)以後毎年
2008   個展(東急本店) 以後隔年
2009   東美アートフェア春(東京美術倶楽部)「万葉を描く展」(川崎さいか屋)
      猫展(ギャラリー華沙里)
      「Vivle展」(シルクランド画廊`11`12) 
2010   「グラマラス展」(日本橋髙島屋・新宿髙島屋) ホテルセントレジス コレクション(大阪)
2011   個展(横浜そごう) Vivle日常の煌めき展(シルクランド画廊`13)
2012   個展(福岡三越) 三渓園俳句展全色紙制作 丸山友紀・山田りえ二人展(長野東急)  
2013   個展(横浜そごう・東京會舘・仙台三越)「裸婦のデッサン展」(柴田悦子画廊)
2014   「新春万福お年賀展」(フェイ・アートミューゼアム)
      「女子会 現代日本画七つ星展」(シルクランド画廊)

その他、個展・グループ展 各地ギャラリー、デパートにて多数開催

現在無所属  小田原市在住

書籍装画(栗本薫・宮尾登美子・永井路子・安西篤子・日野原重明ほか)
週刊 四季花めぐり(2003)小学館
平塚市美術館「読むワークショップ①〜⑨」イラストページ執筆
神奈川県立川崎図書館機関誌「科学EYES」装丁デザイン及び毎号表紙イラスト2009〜