取扱作家

artist

盧 思 | Lu Si

京劇の俳優として演技を学んだ後、北京の美大で中国画、来日後東京芸術大学では大学院に進み日本画の修士課程を修める。三島市在住の現在、草花に宿る生命力や女性らしい母性を作品に託す。

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。

盧 思 略歴

盧 思 略歴
略 歴

1973年  北京生まれ
1992年  中国戯曲学校京劇演技科を首席で卒業。
       中国京劇院の俳優となる。
1993年  北京、中央美術学院中国画学部入学
1997年  中央美術学院中国画科卒業
       来日
2001年  東京芸術大学大学院日本画修士課程修了
       修士博士作品展 (東京芸術大学)
       アーティストビザ取得
2002年~  個展 ( 渋谷・カフェ ド モミュ 以後毎年 )
       「有芽の会」展 ( 池袋西武 6年間 )
       「種々展」 ( 円鳥洞画廊 10年間 )
       NHK中国語会話に6年間レギュラー出演。
2003年  個展 ( 目黒美術館ギャラリー )
       桜美林大学総合文化学科日本画非常勤講師担任(5年間) 
2008年  第63回春の院展初入選 (日本橋三越)
       再興第93回院展初入選 (東京都美術館)
       日本美術院研究会員に推挙される。
2009年  再興第94回院展再入選 (東京都美術館)
2011年  アカデミー派女流画家3人展 (北京邨上芸術サロン)
       「青紅」4人展 (北京大千画廊)
       国立静岡大学で「中国画と日本画の比較」・「京劇と歌舞伎の比較」の 集中講義を行う。
2012年  個展 (沼津茶舎・東急ハーヴェストクラブ箱根明神平・北京邨上芸術サロン)
2013年  個展 (北京丹鳳朝陽美術館)
       日中女流画家3人展 (北京大千画廊・798ギャラリー喜神)
2014年  個展 (北京丹鳳朝陽美術館・許瑩美術館)

2015年  「越境展」(シルクランド画廊 '16)

2016年  個展(シルクランド画廊)



現在、国立静岡大学人文学部・日本大学国際関係学部非常勤講師担任