展覧会情報

exhibition

開催中

鈴木 強 展 ― 今も昔も新しい ― | Tsuyoshi Suzuki Exhibition

会期:2024年6月9日(日)~22日(土) ※最終日は午後4時閉場

作家来場:6/9(日) 12(水) 15(土) 18(火) 22(土) 午後1時~5時(22日は午後1時~4時)

開廊時間:午前11時~午後7時30分(土日、祝祭日は午後6時30分閉廊)

琳派の系譜を現代に受け継ぐアーティストとしても世に紹介される日本画家、鈴木強先生による当画廊8回目の個展。金箔地に描く動物画の中でも、近年ではとりわけ「ヒョウ」の生態に思いを込めるが、お馴染みの南蛮渡来船に想を得た「宝船」や、江戸の浮世絵に描かれた風俗にも触れ、時代への案内役としての動物たちに導かれて今と昔を行き来します。ぜひこの機会にご高覧いただき、情趣に富んだ世界観をご堪能下さい。

作家メッセージ

作家メッセージ
風景画家が風景を見て描く様に、日本絵画を現代の絵画として描いています。
案内役は動物達です。
また、今回は自分の過去作品を再び描いています。
絵が描かれた時代の感性を、今を生きる人達にも感じて頂けたら幸いです。

作家略歴

作家略歴
1956年 静岡県生まれ
1983年 多摩美術大学大学院美術研究科修了(堀 文子教室)
2004~09年 東京田中短期大学講師

1979年 春季創画展初入選
1980年 創画展初入選
1981年 瀧富士美術賞(日本交通文化協会)

1997年 「形象展」(香染美術 ~’07 東京)/「漣の会」(さいか屋藤沢~’17)
2000年 個展 日本橋三越本店
2001年 個展(日本平美術館 静岡)
2005年 アートフェア東京 (香染美術)
2009年 個展 シルクランド画廊(’11.’13.’15.’16.’18.’21)/ 「万葉の世界を描く」(柴田悦子画廊~’18 東京)
2017年 「動物美術館」茅ヶ崎市美術館企画展

作品収蔵:北里大学医学部 / Bloomberg Japan東京丸の内 / 木内建設㈱
マウンテインミュージアム / 横浜美術館(賛美小舎/上田コレクション)
愛媛県立美術館

お問い合わせ

contact

下記フォームに必要事項を入力後、
確認ボタンを押してください。

作家名
作品名
お名前必須
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)必須
性別
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて
1.ご記入いただいた個人情報は、ご用件への対応及び確認のためのみに利用します。
2.また、この目的のためにご用件の記録を残すことがあります。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。